こだわり

喜多珈琲のこだわり

喜多珈琲のこだわりは、

  1. 高品質の生豆
  2. おいしさを引き出す焙煎
  3. 鮮度の良さ

の3つです。

おいしいコーヒーとは何か?

甘みを感じる、苦くない、酸味を感じる、香り高い、程よい苦み、余韻が残る、キレがいい…人それぞれの感じ方や考えがあり、人の数だけおいしいコーヒーってあると思います。

ただ一つ、飲んだ時においしい!

と言葉がもれるコーヒーは本当においコーヒーだと思います。

1.高品質の生豆

ハンドソーティング

コーヒーカップの黒い液体から逆に考えていきたいと思います。

コーヒーは、じつはコーヒーノキの実の種が原材料です。

農作物で、野菜やお米と同じで、毎年同じ味のものはできませんし豊作の年もあれば不作の年もあります。

原料のコーヒー豆は毎年出来具合が違うのです。

その中でおいしさを出すには、一定品質以上のコーヒー豆を使うことになってきます。

流通しているコーヒー豆でも、特に品質の高いスペシャルティコーヒーを使うことによって、安定したおいしさを出しました。

品質の高いスペシャルティコーヒーを使い、焙煎前と焙煎後の2回ハンドソーティングしています。

ハンドソーティングとは、虫に喰われれしまっている豆や、カビた豆、醗酵してしまった豆、割れ欠けた豆を目で確認しながら、一粒一粒手作業で取り除く作業です。

悪い豆を取り除き、より美味しいコーヒーにします。

2.おいしさを引き出す焙煎

焙煎機

いくら良い生豆を使用しても、焙煎がうまくいっていなければ、美味しいコーヒーにはなりません。

適さない焙煎をした場合、エグみの残るコーヒーやただ苦いだけのコーヒーになってしまいます。

そこには、その豆に適した焙煎が必要となってきます。

焙煎中

また、焙煎の工程により味の表現の仕方が変わってきます。

そこは、自家焙煎珈琲店の腕の見せ所やお店の味が出てきます。

3.鮮度の良さ

焙煎したコーヒー豆

鮮度の良さを考えたら、焙煎したてが一番おいしいんじゃないの?

と思いますが、実は焙煎したてのコーヒーはあまりおいしくありません。

焙煎の仕方でおいしさのピークが来る時期、おいしさが続く期間が変わってくるのです。

一般的に約3日後から味が落ち着いて美味しくなります。

当店のコーヒーは、焙煎して約7~10日後においしさのピークが来るように焙煎しています。

ピークに達するまでの時間が長いほうが、おいしさが続く期間が長くなってきます。

少しでも美味しく飲んでもらうため、当店では焙煎してから未開封冷暗所保管で3ヶ月の賞味期限としております。

TOPページへ戻る

Copyright© スペシャルティコーヒー、カフェインレスコーヒー販売店|喜多珈琲 , 2019 All Rights Reserved.